隣国韓国大統領のスキャンダルが、いっそう過激な報告になってきています。韓国の与党の一部からも、大統領の離党勧告が報道されていました。留まる任期の1時4カ月を、朴大統領は全うしよようですが、従前ミニマムとも言われている評価をたたき出した近頃、とっても厳しい状態ではないでしょうか。日本のワイドショーやテレビも、こういう文字を凄まじく取り扱っていますので、興味を持つ方も多いと思います。隣国の文字ですが、日本にも大きな左右があり、断然環境って安泰担保のポイントは、深刻なレベルにならないといいのですが。個人的に気になるのは、最近の韓国政府は日光韓承知にて、いわゆる従軍慰安婦ポイントの突破に対して動き出していました。但し、今回のスキャンダルで朴大統領の求心力は低下してしまい、これまでのような動きにはならないということです。つまり、韓国議会は今野党パワーの方が殆どを超えてあり、その人たちの反日的所作が聞こえてきているからです。去年末日の日光韓承知の無効すら話し出しかねません。今でも韓国国内の評判の中には、謝罪って補償を漁るサウンドがあります。これ20時くらいの中、日光韓原因をこじらせている原因の1つでもあります。しかも我が国近くはもう、日光韓承知に基づいて10億円を寄進済みだ。また韓国近くによる「フィニッシュ役職が動かされる」に関しても無では無くなってしまったと言えると思います。長年の日光韓関係の面倒されているポイントだけに今後の動きが気がかりです。